愛する息子への手紙 淫売女と罵られた未亡人 翔田千里

×

動画の続きを見る

愛する息子への手紙 淫売女と罵られた未亡人 翔田千里

未亡人として田舎に暮らす千里。お世辞にも裕福とは言えない生活を強いられ女手ひとつで一人息子を大学に通わせる為に、家賃の支払いが滞ることも…。生活苦からどんなに汚れた事だと分かりながら、幼馴染の同級生や、○い頃から娘同然に可愛がられていた大家さんに、自分の体で思い出を売りお金に変える娼婦として淫売女のレッテルを貼られ村の腫れ物となる…。唯一の幸せは、愛息子を想い手紙へと鉛筆を走らせる時だった…。

動画の続きを見る